法律全般情報サイト「企業と従業員の労働問題」

企業と従業員の関係

労働問題企業にとって人材と言うものは資産であり、業務をおこなう上で大切な原動力でもあります。だからこそ企業はより良い人材を求めて、また仕事を教える事で大きな戦力とするのです。

その一方で我々が生活をする為には働かなくてはなりません。働く事によって給料となるお金を得て衣食住を含めた生活費とするのです。お金を使わず自分が作ったものだけで完全な自給自足で生きる事も可能ではありますが、それで文化的な生活を営むのは大変難しく現実的では無いと言えます。

仕事と言っても様々なものがありますが、基本的には人を雇用する立場であるか、雇用される立場であるか、また自営業の様に一人だけで業務をおこなうケースもあるでしょう。一人ならまだしも、雇用する立場か雇用される立場である以上、それに伴う就業規則や契約や必要になります。

労働基準法と契約内容

就業規則や契約内容おいては勤務時間や給料体系、業務内容、また企業に勤務する上での規則や罰則なども定められており、雇用する側とされる側は、それに基づいた関係を結ぶのです。これが納得できないのであれば、勤務には至らないでしょうし、納得したからには原則守らなくてはならないでしょう。またその就業規則や契約に関しては労働基準法というも大きく影響します。

しかし、それらが守られず労働基準法も逸脱する企業もあるのが事実です。それでも昨今の不景気の影響で仕事を失いたくないという理由から、話が違うと思いつつも従業員が涙を飲む事も少なくありません。これが労働問題のひとつです。

人間関係によるトラブル

また労働問題には、職場における人間同士のトラブルもあります。従業員によるいじめであったり、嫌がらせもあるでしょうし、上司などが権限を振りかざして暴君の様に振る舞う事もあるでしょう。近年セクシャルハラスメントやパワーハラスメントという言葉も浸透しているのです。

従業員の戦う姿勢

労働問題これらの労働問題に関して従業員である立場から泣き寝入りする事がほとんどでしたが、近年ではそれらの問題が顕在化した事によって従業員も戦う姿勢が見られています。また労働組合法によって労働者が団結する事で企業に要求する事が出来るのです。

従業員間の事に関しては裁判所に訴え出るケースも増えており、昔からの悪習が変わりつつある部分も見られます。

Copyright(C) 企業と従業員の労働問題 All Rights Reserved.