労働問題情報サイト「企業と従業員の労働問題」の人間関係

難しい人間関係

職場において円滑に業務を進める為には、従業員同士の関係も重要です。特に企業では組織から外れると仕事が出来ないとされている事もあって、より人間関係が大事にされています。しかし、その中においてもトラブルは発生するのです。

もちろん他人同士の集まりな訳ですから摩擦も起きるでしょうし、全ての人がイエスマンでも困るので、多少のトラブルも企業にとっては良い事もあります。しかし誰の為にもならなかったり、それによって誰かが肉体的や精神的な負担を強いられる事はあってはなりません。したがって企業における人間関係によるトラブルは見過ごしてはならないものなのです。

トラブルの種類と原因

人間関係のトラブルとしては従業員間の不仲やいじめであったり、性的嫌がらせであるセクシャルハラスメント、また上司や仕事の権限を持つ人からの嫌がらせであるパワーハラスメントなどがあります。この際いじめであったり、悪意のある嫌がらせは分かりやすいと言えますが、特にセクシャルハラスメントに関しては無自覚に行われている事が多く、パワーハラスメントの場合、自身では正しい事をしていると思っている人も少なく無いのです。

これらの原因として、嫉妬であったり、性的な欲求、また悪意は無いものの相手の気持ちに立たない想像力の弱さ、コミュニケーションのはき違い、また自分自身の信念や使命が悪い形で出てしまうなど様々あるでしょう。

トラブルの解決と心の病

ただし、そうした従業員間のトラブルに対して、余程の事が無い限り企業が介入して解決するのは難しいかもしれません。そして、トラブルによる被害者にとっても、誰に言っても解決しないという失望感であったり、自分さえ我慢すればいいという諦めがあったりで積極的に解決をしようとしないケースも多いです。その為に仕事を辞める事になったり、鬱病などの精神的疾患を抱えてしまう事にもなってしまいます。

その一方で人間関係をソツなくこなし、それらのトラブルとは無縁と思われる人もいますが、場合によっては八方美人として受け取られる事もありますし、また日常的に気を遣いすぎる事から精神的に疲れて疾患を抱える可能性もあるでしょう。

Copyright(C) 企業と従業員の労働問題 All Rights Reserved.