労働問題情報サイト「企業と従業員の労働問題」の解決法

セクハラやパワハラをされた場合ですが、全てをそう騒ぐのは得策ではないかもしれません。性的関係の強要や痴漢行為、暴力行為や暴言など明らかな悪意があるものならまだしも、セクハラやパワハラと言われる行為でも何の気なしの言葉かもしれませんし、激励の意味もあるでしょう。まず相手の気持ちを汲んだ上で考えた方が良いでしょう。

しかし我慢できない程であったり、明らかな悪意にあるものに対しては改善を求めなければなりません。まず自身や同じ声を持つ人を集めて直接言うか、また企業側に伝えた方が良いでしょう。場合によっては訴える事も考えられます。

一方、セクハラやパワハラを悪意を持っておこうのは論外なので、ただちに止めるべきでしょう。また些細な言動からもセクハラやパワハラと言われる事もあるので誤解を招く事は禁物ですし、普段からの信頼関係も大切です。

Copyright(C) 企業と従業員の労働問題 All Rights Reserved.