労働問題情報サイト「企業と従業員の労働問題」の解決法

円滑な業務と社会的な立場

職場における人間関係は複雑ですし、その解決方法にしても簡単ではないでしょう。それでもその職場に居続けて、かつ円滑に業務を遂行する為には、避けては通れない道でもあります。全ての人と仲よくする必要もありませんが、仕事が出来る環境にはしたいものです。

またセクハラやパワハラの場合、受ける側にとっても苦痛ですが、おこなった側は仕事だけでなく訴えられると社会的にも大きな痛手を受けてしまう事になります。そうならない為にもしっかりとした予防や解決が必要なのです。

いじめや嫌がらせによる対処

いじめや嫌がらせの場合、それを受けている人の精神的苦痛は大きなものです。ただし、それを受けるだけの理由や自身の落ち度もあるかもしれませんから、もし心当たりがあるならそれを謝罪する事も念頭において和解するのも解決の近道です。

しかし自身に落ち度が無く相手の一方的なものであれば、和解も難しいでしょう。また大人である為に、そのやり方も狡猾になっているとも言えます。それが我慢出来たり、自身で消化できるものであれば良いですが、退職に追い込まれたり心を傷めるくらいなら解決の為の行動を起こすべきでしょう。

もしかしたら周囲の人すべてを信用出来なくなっているかもしれませんが、信頼出来る上司などに話したり、場合によっては訴える事も必要でしょう。ともかく一矢は報いるべきです。

セクハラやパワハラがおきない為

セクハラやパワハラをされた場合ですが、全てをそう騒ぐのは得策ではないかもしれません。性的関係の強要や痴漢行為、暴力行為や暴言など明らかな悪意があるものならまだしも、セクハラやパワハラと言われる行為でも何の気なしの言葉かもしれませんし、激励の意味もあるでしょう。まず相手の気持ちを汲んだ上で考えた方が良いでしょう。

しかし我慢できない程であったり、明らかな悪意にあるものに対しては改善を求めなければなりません。まず自身や同じ声を持つ人を集めて直接言うか、また企業側に伝えた方が良いでしょう。場合によっては訴える事も考えられます。

一方、セクハラやパワハラを悪意を持っておこうのは論外なので、ただちに止めるべきでしょう。また些細な言動からもセクハラやパワハラと言われる事もあるので誤解を招く事は禁物ですし、普段からの信頼関係も大切です。

Copyright(C) 企業と従業員の労働問題 All Rights Reserved.